奈良県三宅町 公式note

奈良県三宅町の公式アカウントです。三宅町は、奈良盆地の中央にある「全国で2番目に小さい…

奈良県三宅町 公式note

奈良県三宅町の公式アカウントです。三宅町は、奈良盆地の中央にある「全国で2番目に小さい町」。 「自分らしくハッピーにスモール(住もうる)タウン」をまちのビジョンとして、住民の皆さんとの協働のまちづくりや、民間企業との官民連携に取り組んでいます!

マガジン

  • 三宅町教育委員会の取り組みをご紹介

    教員の働き方改革、リーディングDXスクール事業など教育長や教育委員会事務局の取り組みを全国へご紹介します!

  • 三宅町交流まちづくりセンターMiiMo

    2021年7月にオープンし、同12月に広場完成・グランドオープンしました。 MiiMoで行われている出来事などを記事にしていきます!

  • ユースセンターだより

    三宅町のユースセンタープロジェクトの様子をお届け!

  • 官民連携の取り組みをご紹介

    三宅町と民間事業者の皆さまとの官民連携によるまちづくり。 包括連携協定を行った民間事業者による記事などを紹介します。

  • 複業人材プロジェクト

    三宅町とAnother worksが協働で取り組む「複業人材プロジェクト」。このプロジェクトのことや、複業人材として関わっていただいているアドバイザーの皆さまの記事をご紹介!

最近の記事

【ふるさと納税】金ゴマが売れる理由

みなさんお久しぶりです。 奈良県三宅町 ふるさと納税担当 吉本です。 先日、「12月に申込みが殺到している返礼品」について記事を書かせていただきましたところ、「こたつネコが可愛い!」と反響をいただきました。 こたつネコ、可愛いですよね・・・ 内容の感想は?笑 めげずに今回も返礼品を紹介させていただきます! 今回は三宅町で現在、密かに人気になりつつある返礼品を紹介させていただきます。それがこちら はい!三宅町産の煎り金ゴマです。まず、パッケージがオシャレ! 一見、カフェ

    • [3/16(土)開催]子ども会しめくくり会マジックショーを開催します!!皆さんお誘いあわせの上、ご来場ください。

       三宅町では、地域を基盤とした異年齢の集団による様々な豊かな体験活動を通し、子ども達の健やかな成長発達を促すこと、また各地域の子ども会相互の連絡協調を目的として、三宅町子ども会連絡協議会を組織していました。しかし、会員数減少、役員の担い手不足等により存続が難しくなり、令和6年3月末をもって解散させていただくこととなりました。  「子ども会しめくくり会マジックショー」は、三宅町子ども会連絡協議会最後のイベントとなります。三宅町の子どもたち、保護者の皆さま、町外の皆様、誰でも参

      • 【レポート】これからの学校のあり方を考える「三宅町教育フォーラム」

            教育長の大泉です。    2月11日、三宅町教育フォーラムを開催しました。     三宅町内外から120名の参加があり、会場の三宅町文化ホールは熱気に包まれました。この小さな町の教育にこれだけたくさんの方が関心をもってくださることをとてもうれしく思いました。    どうしてフォーラムを開催しようと思ったのか、そんなことを書いてみようと思います。    昨年、大阪府阪南市のNPO団体主催の教育イベントが催され、そこで初めて映画『夢みる小学校』を鑑賞しました。『夢みる小

      • (図書フロアより)スタッフの推し本・発掘本 2月

        MiiMoの図書フロアスタッフがオススメする「推し本・発掘本」2月号です! 本売る日々                (青山文平 文藝春秋)江戸時代後期、いつか自らの力で書を出版することを夢とする平助が語る連作三作を収録。本好きの人が読むと「やっぱり本はいいな」と思われるはず。 中でも『鬼に喰われた女』が面白かった。平助の本への愛情が熱い。 色えんぴつでかわいい動物        (秋草愛 パイ インターナショナル)動物、かわいくて大好きなのですが、いざ自分で絵に描いてみ

      【ふるさと納税】金ゴマが売れる理由

      マガジン

      マガジンをすべて見る すべて見る
      • 三宅町教育委員会の取り組みをご紹介
        奈良県三宅町 公式note
      • 三宅町交流まちづくりセンターMiiMo
        奈良県三宅町 公式note
      • ユースセンターだより
        奈良県三宅町 公式note
      • 官民連携の取り組みをご紹介
        奈良県三宅町 公式note
      • 複業人材プロジェクト
        奈良県三宅町 公式note
      • 三宅町交流まちづくりセンターMiiMo【イベント事例】
        奈良県三宅町 公式note

      記事

      記事をすべて見る すべて見る

        三宅町ユースセンターの現在地

        お久しぶりです! ユースセンタープロジェクトのリーダー、地域おこし協力隊の山本です。 慌ただしく過ごしており、noteはすっかりご無沙汰になってしまいました。 今日はご無沙汰していた間のユースセンターの葛藤と最近の様子をお届け! 最後まで読んでもらえると嬉しいです。 思い悩む日々が続いた・・・8月と9月の「CHUKOSEI CAFE」イベントを経て、10月からMiiMoにて少しずつユースセンターの定期開室を始めました。 が、しかし!来館者は0人という日もしばしば。 今まで

        三宅町ユースセンターの現在地

      • (図書フロアより)スタッフの推し本・発掘本 1月

        明けましておめでとうございます! 本年も、MiiMoをよろしくお願いいたします。 早速ですが、MiiMoの図書フロアスタッフがオススメする「推し本・発掘本」1月号です! 植物少女                (朝比奈秋 朝日新聞出版)白い紙で作られた花の植物を配したモノトーンの表紙が、この本の植物状態の母とその娘の少しずつ変化する関係を物語っている。 第36回三島賞受賞作。とても装丁が美しい本。 手に取って眺められるのは紙の本の特権。 火星ダーク・バラード      

        【ふるさと納税】申込み殺到の返礼品とは?

        2023年も残すところ、あと数日となりましたね。 こんにちは、奈良県三宅町 ふるさと納税担当 吉本です。 いきなりですが、皆さん、ふるさと納税はお済みですか? 毎年、年末になると、ふるさと納税の広告がテレビやネットに流れ、「早くしなければ!」という思いに駆られる人も多いのではないでしょうか? ふるさと納税は1月1日~12月31日までを、その年の寄附申込期間としております。ちなみに2023年の寄附申込期限は、2023年12月31日23時59分(決済完了)となっております。

        【ふるさと納税】申込み殺到の返礼品とは?

        学校は食物アレルギーに対応できるのか?

        こんにちは。 教育委員会事務局の増田です! 今回は命に関わる「食物アレルギー」の話です。 かなり前になりますが、8月18日(金)、三宅町交流まちづくりセンターmiimoにて、磯城郡(三宅町、川西町、田原本町)の教育委員の皆さま、学校・認定こども園などの先生方にお越しいただき、食物アレルギーについての研修を行いました。 この研修は、学校現場より「学校で食物アレルギー対策の計画やマニュアルを策定したいので、研修をしてもらえないか。」との依頼をいただいたことがきっかけとなり開催

        学校は食物アレルギーに対応できるのか?

        【舞台裏をちょっぴりご紹介】大谷翔平選手のグローブが三宅町に届くまで。

        三宅町教育委員会事務局の増田です。 町長のX(Twitter)でご存じの方もいるかもしれませんが、ついに大谷翔平選手のグローブが三宅町にも届きました! 残念ながら、到着予定日の指定は12月25日からだったので、終業式には間に合いませんでした。 テレビで拝見していたのですが、前平日の22日に大谷選手の母校の小学校にいち早く到着していたのには、大谷選手の心遣いが伝わり、とても心温まりました。 実は、この大谷選手のグローブが三宅町に届くまでには、すんなりとはいきませんでした

        【舞台裏をちょっぴりご紹介】大谷翔平選手のグローブが三宅町に届くまで。

        2023年も終わろうかというタイミングで、「対話」について語る。

        こんにちは。政策推進課の松田です。 いよいよ2023年も終わりですね。 三宅町はビジョン・ミッション・バリューを掲げており、その中のバリューの1つに「対話」を定めています。 一昨年から「対話」を学ぶ研修や、ワークショップを開催してきましたが、 先日一区切りとなりましたので、少しまとめたいと思います。 ♪ちょうど1年前に~(ロード)書いた記事です↓↓↓ 「対話」と「討論」の違いってご存じですか? 「対話」できてますか?と問いかけると、ほとんどの人が「できてる」と答えると

        2023年も終わろうかというタイミングで、「対話」について語る。

        教育長が小学生に出前授業をしてみたら

        約5ヶ月ぶりのnote更新となりました。 教育委員会事務局の増田です。 この5ヶ月の間、予算編成やらなんやらかんやらバタバタしており、久しぶりの投稿となりました… 教育長からのオーダーがいっぱい!? 今回はわが町の教育長のお話です。 秋のまだ終わらない頃に、「これからの三宅町の教育はこうしたいんだ」と事務局の部屋にあるペーパーを持ってこられました。 そのペーパーには、「テーマは子どもたちは未来からの留学生」と書かれており、これからの目指すべき教育方針が書かれていました

        教育長が小学生に出前授業をしてみたら

        《VoL.2》学校給食のご飯を地産地消100%にできるのか?

        皆さん、こんにちは~♪ 三宅町教育委員会のUです。 かな~り前ですが、増田係長がこんな記事を書いていました。 今回はその記事の続きを私が引き継ぎます。 流れはこんな感じで。 前回の振り返り 【検討その1】お米をどこで炊くか?? 【検討その2】お米をどのように炊くか?? 前回の振り返り 前回の記事では、「三宅町のお米」を提供するに当たって、6つの課題がありました。 【課題その1】お米の生産量が十分か? 【課題その2】お米の異物混入のチェックが十分か? 【課題その3】お

        《VoL.2》学校給食のご飯を地産地消100%にできるのか?

        【驚愕】静岡遠征記~田舎の教育委員会職員が、最先端のICT教育の視察に静岡県吉田町まで行った結果、無事衝撃を受けた件~

        皆さんこんにちは〜♪ 三宅町教育委員会のUです。 タイトルの通り、静岡県に行ってきました。 場所は吉田町で、遠征日は11月21日(火)、11月22日(水)なので、少し報告が遅くなってしまいました。 静岡県の吉田町の学校で先進的な取り組みが行われているとのことで、視察に行って参りました。 今回訪問させていただいたのは、吉田町立住吉小学校と吉田町立中央小学校です。 両校ともに三宅小学校と同じく、リーディングDXスクール事業の指定校になっています。 ちなみに住吉小学校は午前に

        【驚愕】静岡遠征記~田舎の教育委員会職員が、最先端のICT教育の視察に静岡県吉田町まで行った結果、無事衝撃を受けた件~

        【まとめてみました】ふるさと納税サイト

        お久しぶりでございます。ふるさと納税担当にしだと申します。 さて、今回は 12月のふるさと納税かけ込み時期ということもあり、三宅町のふるさと納税サイトをまとめたいと思います。 三宅町は2023年12月現在、ふるさと納税サイトは大きく5つ! では早速、三宅町ふるさと納税5柱!をドドンとご紹介します。 ①楽天ふるさと納税 5と0のつく日や、楽天セール中やお買い物マラソン期間だとお得になるとのことでその時は寄付額がグッ⤴とあがります。 ②ふるさとチョイス なぜかとっても三宅

        【まとめてみました】ふるさと納税サイト

      • (図書フロアより)スタッフの推し本・発掘本 12月

        MiiMoの図書フロアスタッフがオススメする「推し本・発掘本」12月号です! サムネは12月の図書フロアの様子です。 時期によっていろんな特集も行っていますので、ぜひお越し下さい! 地球の歩き方「日本」2023~2024    (地球の歩き方編集室(編) 学研プラス)総ページ数1056ページ。昔の電話帳を思わせる厚さのこの本は、誰もが知る旅行書の王様「地球の歩き方」。このシリーズに最近「日本」が仲間入り。47都道府県完全収録!次に行きたい所がきっと見つかるよ。 賢治童話

        noteで復命書を作ってみた~奈良にいい会社をつくろうサミット2023編~

        みやけイノベーション推進部の岡野です。 復命書って、社会に出たら急に現れる言葉の一つだと思うのですが、今回の記事はその復命書です。 当町も公務員組織ですので、出張行ったら復命書作るんですが、復命書の代わりにnote記事でもいいよとのお達しがありましたので、オンライン上に公開されてしまう復命書を書いてみました。 当日資料の添付ではないタイプの復命書ですので、ご拝読いただけると幸いです。 ※あくまで復命書です。記載内容は筆者個人としての見解・感想であり、町としての公式な見解ではご

        noteで復命書を作ってみた~奈良にいい会社をつくろうサミット2023編~