奈良県三宅町 公式note

奈良県三宅町の公式アカウントです。三宅町は、奈良盆地の中央にある「全国で2番目に小さい町」。 「自分らしくハッピーにスモール(住もうる)タウン」をまちのビジョンとして、住民の皆さんとの協働のまちづくりや、民間企業との官民連携に取り組んでいます!

官民連携の取り組みをご紹介

三宅町と民間事業者の皆さまとの官民連携によるまちづくり。 包括連携協定を行った民間事業者による記事などを紹介します。

【オープン社内報】AsMama Monthly Report 2021.9

日本中の街ごとの頼り合いをデザインするAsMamaです。直近の取り組みやメッセージ、自治体・企業協働の最新レポートや直近の共助実績データなどを、毎月皆さまにお届けするオープン社内報を、noteで紹介いたします。 【1】特集/子育て世帯緊急アンケート結果とサポートプログラム発表休園・休校・分散登校等が増加している現状を鑑み、AsMamaでは9月に緊急アンケートを実施、子育て世帯300世帯のリアルな声を収集し、9月24日に厚生労働省にて記者会見を実施しました。 ■7割超が「負

スキ
8

【オープン社内報】AsMama Monthly Report 2021.8

日本中の街ごとの頼り合いをデザインするAsMamaです。直近の取り組みやメッセージ、自治体・企業協働の最新レポートや直近の共助実績データなどを、毎月皆さまにお届けするオープン社内報を、noteで紹介いたします。 自治体協働レポート/奈良県三宅町企業協働レポート/株式会社FOR SOMEONEAsMama Data 「子育てシェア」登録者数はまもなく80,000人!2021年8月1日時点で、頼り合いコミュニティアプリ「子育てシェア」の登録会員数は79,742人(累計)になりま

スキ
8

《自治体協働レポート》奈良県三宅町 ⑤三宅町交流まちづくりセンターMiiMo(ミーモ) いよいよプレオープン!

「リアル&オンラインでつながろう!シェアしよう」をテーマに2020年9月から奈良県三宅町でスタートした共助コミュニティ創生プロジェクト・レポート、今回は第6回目です。 「子どもたちが、まちのみんなが、もっと三宅を好きになる!」をテーマとした三宅町の将来を育む交流拠点「MiiMo(ミーモ)」が、2021年7月22日(海の日)にプレオープンしました。 公共施設の老朽化に伴い、図書館、学童、子育て支援施設、公民館といっ た複数の機能をあわせもつ複合施設として計画が進められてきた

スキ
12

《自治体協働レポート》AsMama×奈良県三宅町⑤つなぐマルシェ、初開催!

「リアル&オンラインでつながろう!シェアしよう」をテーマに2020年9月から奈良県三宅町でスタートした共助コミュニティ創生。 今回は、第5回目のプロジェクト・レポートです。 三宅町のくらしを”もっと楽しく・もっと豊かに・SHARE!でつながるたのしい1日”をテーマに、2021年2月20日(土)に「つなぐマルシェ」を初開催しました。 「つなぐマルシェ」は、2020年9月1日に締結された協定に基づき、シェアリングエコノミー活用推進による地方創生の一環として私たちAsMamaと

スキ
14

複業人材プロジェクト

三宅町とAnother worksが協働で取り組む「複業人材プロジェクト」。このプロジェクトのことや、複業人材として関わっていただいているアドバイザーの皆さまの記事をご紹介!

三宅町の採用戦略の考案を複業でサポート!現職へ還元するための複業の取り組み方とは?

奈良県三宅町では、2020年12月から3月末までの4ヶ月間、行政に複業人材を登用するプロジェクトを行いました。「DXアドバイザー」「人事・採用戦略アドバイザー」「広報戦略アドバイザー」の3職種で、複業人材の方々が活躍。 その中でも今回は、人事・採用戦略アドバイザーとして参画した勝村さんに、複業をする目的や、自治体との取り組みの中で気をつけたことなどを伺いました! *プロフィール 勝村泰久氏 奈良県で大学生活を過ごし、新卒で入社した人材ベンチャーでコンサルタントとして年間

スキ
14

奈良県三宅町の複業プロジェクト第二弾:8名の即戦力人材が登用決定!

Another works では2020年10月に奈良県三宅町と民間で活躍する複業人材登用によるまちづくり包括連携協定を締結し、実証実験を開始しました。第一弾のプロジェクト期間は2020年12月から3月末までの4ヶ月間。 わずか4ヶ月間の間に、複合施設MiiMoのコミュニティプロデューサーの採用や、道路の異常を住民から回収するためのLINEの開設、広報誌の内容や文面の錬磨など、あらゆる面で良い成果を残すことができました。 ▼三宅町のnoteはこちら そこで今回は第二弾と

スキ
16

三宅町DX推進の裏側には複業人材の活躍が!DXを成功に導くための秘訣とは?

奈良県三宅町では、2020年12月から3月末までの4ヶ月間、行政に複業人材を登用するプロジェクトを行いました。「DXアドバイザー」「人事・採用戦略アドバイザー」「広報戦略アドバイザー」の3職種で、複業人材の方々が活躍。 その中でも今回は、DXアドバイザーとして参画した河上泰之さんにお話を伺いました。わずか4ヶ月の間にものすごいスピードで進んだ三宅町のDX。その裏側に迫ります! *プロフィール 河上泰之氏 慶應義塾大学大学院SDM研究科を優秀賞で修了後、日本IBM、デロイ

スキ
16

三宅町が目指すビジョンに集中特化。自治体複業におけるPMの役割とは?

複業人材として関わるプロジェクト期間が終わっても、僕たちのアドバイスは三宅町に礎として残る。さらには他の自治体にも広げていってくれる。そういった「自治体の複業人材の活用」における記念碑的な仕事になることは間違いないと思い、参画しました。 そう語るのは、奈良県三宅町に人事・採用戦略アドバイザー兼、プロジェクトマネージャー(以下PM)として複業で参画した佐野創太さん。 奈良県三宅町には、「DXアドバイザー」「人事・採用戦略アドバイザー」「広報戦略アドバイザー」の3職種で7名の

スキ
15

三宅町職員採用試験

奈良県三宅町(みやけちょう)は「自分らしくハッピーにスモール(住もうる)タウン」というビジョンの実現を共に目指す職員採用試験を実施します。

イベント動画はこちら

スキ
2

イベント「日本で2番目に小さな町がなぜ?いま??ビジョン・ミッション・バリューなのか!!(21.08.19)」【後編】

「日本で2番目に小さな町がなぜ?いま??ビジョン・ミッション・バリューなのか!!〜これからの役場と公務員の働き方を考える〜」イベントレポート後編です。 ▼【前編】はこちら ▼イベントレポート【後編】概要 ・ビジョン・ミッション・バリューを自分の言葉で語れるようになることが、持続可能な町として生き残っていくための財産。 ・三宅町はベンチャー自治体。民間投資を生める事業をつくり出し、投資や賭けの財政を行う。 ・ビジョン・ミッション・バリューが当たり前になる世界を。 ▼登壇者

スキ
12

イベント「日本で2番目に小さな町がなぜ?いま??ビジョン・ミッション・バリューなのか!!(21.08.19)」【前編】

先日「日本で2番目に小さな町がなぜ?いま??ビジョン・ミッション・バリューなのか!!〜これからの役場と公務員の働き方を考える〜」という三宅町主催のオンラインイベントを開催しました。 ▼イベントレポート【前編】概要 ・森田町長が官民連携を進める理由は? ・住民さんもビジョン・ミッション・バリューを自分ごと化してもらいたい。 ・バリューを人事評価に含め、コミュニケーションの一つのチャンネルにする。 ・バリューに「失敗」を入れた理由は?変わり続けることが三宅町の生き残り戦略。

スキ
18

三宅町役場は、やりたいことに挑戦できる環境。住民さんと一緒に町をつくっていきたい。

8月から職員採用を始めるにあたって、ビジョン・ミッション・バリューを打ち出した、日本で2番目に小さい町・三宅町。では、アグレッシブに活動している森田町長のもとで働く職員の皆さんは、実際にどう捉えているのか?三宅町役場で働くことに、どんな魅力を感じているのか?3名の職員さんによる本音の座談会を行いました! *トップ写真左から、 みやけイノベーション推進部政策推進課課長 林田忠男氏 みやけイノベーション推進部政策推進課係長 増田翔氏 総務部総務課主事 村島有紀氏 *三宅町交流ま

スキ
11

三宅町交流まちづくりセンターMiiMo【活動・教室事例】

MiiMoには日々様々な方が、様々な活動をしてくださっています。 活動・教室事例を掲載させていただきます! ぜひ、参加したい教室探しに、MiiMoの使い方を想像するために、情報をご利用いただけますと幸いです。

【9月1日】料理教室”OBENTOキッチン”byやまと薬膳

こんにちは。 三宅町交流まちづくりセンター MiiMo運営室の小西です。 食欲の秋はもう間近!皆様の好きな食べ物はなんですか? 私は”根菜”が大好きです。特に、ごぼうとレンコンが大好きです。 根菜が冷蔵庫にないと猛烈に焦ってい自転車を飛ばして買いに行くほどです。おいしい、ごぼう、レンコン料理をご存じの方MiiMoまで教えに来て下さい。(笑) それでは本題です。 9月1日(水)MiiMoまちキッチンを使った、やまと薬膳さん主催の ”やまと薬膳メディスナルクッキング@奈良 三

スキ
10

三宅町交流まちづくりセンターMiiMo【イベント事例】

7月22日にプレオープンした、日本で2番目に小さな町”奈良県三宅町”にある、複合施設”三宅町交流まちづくりセンターMiiMo”です。 町内の方はもちろん、町外の方にも利用していただくことが可能な施設です。 MiiMoで行われているイベントの例を紹介させていただきますので、ぜひご活用時の参考に、そしてMiiMoにあふれる”自分らしい幸せ”のひと時をかんじていただければと思います。

【8月27日】夏休み2DAYSイベント(2日目)※アート系/MiiMoホール

こんにちは。 三宅町交流まちづくりセンター MiiMo運営室の小西です。 夏といえば昆虫採集! 私はカブトムシやクワガタムシを飼っていた記憶があります。 最近の小学生はまだカブトムシなどを木に取りに行ったりするんですかね? MiiMoには7月上旬と、9月の頭に2回ほどクワガタムシがご来館されました。運がよければMiiMoでクワガタ虫に出会えるかもしれません…! それでは本題です。 8月24日(火)・27日(金)にMiiMoホールを使ったイベント・アートイベントが行われまし

スキ
4

【8月24日】夏休み2DAYSイベント(1日目)※アート系/MiiMoホール

こんにちは。 三宅町交流まちづくりセンター MiiMo運営室の小西です。 皆様今年の夏はどのようにすごされたでしょうか。 私は今年の夏は、コロナ禍ということもありどこに行ったというわけでもないのですが、急な豪雨など今まで経験したことがない天気を見て、 「いよいよ地球が怒り始めたか!」と感じ… 少しずつ地球と共存できる環境にやさしい生活をしたいなぁとひそかに気持ちが高まった夏でした。 それでは本題です。 8月24日(火)・27日(金)にMiiMoホールを使ったイベント・アー

スキ
2

MiiMoについて(はじめに)

はじめまして。三宅町交流まちづくりセンターMiiMoの小西です。 MiiMoで起こった面白いこと、楽しいこと、有益な情報を皆様にお届けできれば…!と思い、noteを書き始めることにしました。 まずは簡単に、MiiMoの情報のありかを明確にしておきますね♪ 【note内】 ●イベントレポート:https://miyake-town.note.jp/m/mb761b247c537 ●貸館/利用事例レポート: ●MiiMo食堂のレポート: 【その他 SNS】 ●HP:実施前のイ

スキ
4