令和3年度三宅町職員採用試験
見出し画像

令和3年度三宅町職員採用試験

奈良県三宅町(みやけちょう)は「自分らしくハッピーにスモール(住もうる)タウン」というビジョンの実現と共に目指す職員採用試験を実施いたします。

オンライン説明会エントリーはこちら
https://peatix.com/event/2532776/view


詳しくはこちら



〈目次〉
1.三宅町とは?
2.三宅町の近年の取組み
3.三宅町のビジョン・ミッション・バリュー
4.今年からの職員採用試験に期待すること
5.求める人物像
6.応募要項


1.全国で2番目に小さい町・自分らしくハッピーにスモール(住もうる)タウンと三宅町とは?

三宅町は奈良県磯城郡(しきぐん)に属し、面積4.06平方キロと全国でも2番目に小さい町です。大阪・京都などの都心部と山間地帯のちょうど中間に位置し、それぞれにアクセスしやすい「ちょうどいい田舎」です。小さい町だからこそ住民の方の顔が見えるので、その環境を生かしたまちづくりを推進していただきたいと考えています。ビジョンとして「自分らしくハッピーにスモール(住もうる)タウン」を掲げ、町長 森田浩司を中心とした改革を始めています。

画像1


2.三宅町の近年の取組み

まちづくりの拠点「Miimo(みいも)」の立ち上げや県立大学と連携した「スタートアップヴィレッジ構想」、前例にとらわれない積極的な官民連携の取組みなど進め、全国から注目が集まっています。


3.三宅町のビジョン・ミッション・バリュー

三宅町は改革をより推進していくため、2021年から「ビジョン・ミッション・バリュー」を掲げることといたいました。
ビジョンは三宅町全体で実現したい像、ミッションはそのためのに役場が果たす役割、バリューはミッション遂行のために職員が大事にする価値基準をまとめたものです。
3点の中でも特にバリューが重要だと考えています。
目指すべき目標や役割が変わることがあっても、バリューは三宅町役場にとって変わらず大事にしていきたい「土台」だからです。

画像2

4.今年からの職員採用に期待すること

バリューを役場全体で体現していくために最重要なのが仲間集め、つまり「採用」です。上記のバリューに共感していただける方にご応募いただきたいですし、バリューを一緒に大切にして働ける方なのか?ということを重要視して私たちも選考を行わせていただきます。

・職場内での対話・住民の方との対話・官民連携を通じた対話に積極的に取り組める方
・前例にとらわれず、自分がすべきと思ったことに挑戦できる方
・思いっきり失敗して、そこから学びを得て次に繋げる方

のご応募をお待ちしております。


5.求める人物像

・公務員未経験の方
様々なことに関心を持ち、自分で考え行動し仲間と一緒にチャレンジすることを楽しめる方

・公務員経験者の方
これからの社会において公務員が果たす役割や働き方を変えていきたいという意欲をお持ちの方

のご応募をお待ちしております。


6.応募要綱

エントリー期間 
令和3年8月2日10時~令和3年8月27日23時59分

エントリー方法
e古都ならより受付 


詳細はこちらから





「スキ」ありがとうございます!
奈良県三宅町の公式アカウントです。三宅町は、奈良盆地の中央にある「全国で2番目に小さい町」。 「自分らしくハッピーにスモール(住もうる)タウン」をまちのビジョンとして、住民の皆さんとの協働のまちづくりや、民間企業との官民連携に取り組んでいます!